ハゲと憎しみ

薄毛になり、額が後退し、テカテカと光り始めた自分を愛せるかどうか。

それが、問題。

ハゲた自分を憎まないためには、どうする?

 

ハゲと憎しみについて今日はお話ししたい。

私は、薄毛、ハゲは、なんとしても治した方が良いと思います。

経験から。

「ハゲなんか気にならない。見た目なんかオレは気にしない」

という気持ちならば、それはそれでよいのです。

そういう気持ちの人もいるはずだから。

 

 

けれども、多くの人にとって、薄毛やハゲは悩みの種になるから、解決した方が良いのです。

薄毛、ハゲのこわいところは、

「鏡にうつった自分を愛せなくなる」

こと。

私の場合、もともとハンサムだっただけに、額の部分からハゲが進行してきたときには、

「可哀そう」

という感じだったようです。

自分で見ても、鏡の中の自分を愛せません。

薄毛が進行する1年前までは、鏡の中の自分に笑いかけて、

「おっ、この笑顔はサワヤカなので、かなりイケてるよなぁ~」

などと、悦にいっていたのに。

 

 

ハゲてきたときには自分の姿を鏡で見るのがイヤなのです。

「もう、ハンサムではなくなった、みじめな俺・・・・・・・」

鏡を見る気がしません。

額のあたりを見ると、髪が細くなって、しかも地肌部分がテカテカと光を放つようになって・・・・・・・。

おそろしかったです。

昭和56年から昭和57年ころのこと。

鏡をみたくない。

それは、自分を嫌いになること。

「自分が嫌い」

こんな不幸があるでしょうか?

 

 

ハゲた自分を愛せない。

いや、愛せないというよりも

「憎んでいる」

のですね。

これでは、人生に成功できません。

あらゆる成功哲学は、自分を愛し、自分を受け入れるところからスタートします。

「自尊心」

「自己重要感」

これを失わないようにしましょう。

そのためには、何が大事か?

鏡に映った自分を見て「今日も決まってるね!!」と微笑みかける。

「いよっ!! いい男!!」

と自分を称える。

 

 

私の場合は、漢方育毛法で髪が生えたので、昭和56年~57年に私は自分に対する憎しみを手放せたのです。

育毛漢方を実行しましょうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です