ハゲと遺伝の深い関係にも安心していい

ハゲと遺伝の関係

薄毛は遺伝が影響しています。

 

育毛本やヘアクリニックの院長などが、

 

「ハゲは遺伝するのではなく、ハゲやすい体質が遺伝するのだ」

などと発言していることがよくあります。

私にはよくわからないです。

 

もっとシンプルに「ハゲは遺伝する確率が高く、受け継がなければハゲないが、ハゲ体質を受け継いだらハゲる」

 

と明確に告げるべきだと思うのですね。

遺伝の例としては、私もそうです。

母方の親類がハゲています。

高確率。

 

母も女性なのに、額が後退していました。

かなり強力な薄毛遺伝子です。

 

私の父はハゲていませんでした。

そのためか2歳上の兄は60過ぎてもハゲていません。

平均的な同年代よりも、かなり髪の毛が多い。

ただし白髪。

さて、遺伝を感じさせる事例の一つ。

テレビを見ていたら、ある農家の人の「祖父」の写真が出ていました。

その人の「祖父」は写真だけですが、頭髪はハゲていました。

テレビに出ていた農家の人は帽子をかぶっていたのですが、私は頭髪に関心があるので、

「ああ、たぶん、この人はハゲているだろう」

と思いました。

番組の途中で、帽子をとるシーンがあったのですが、やはり祖父同様の頭髪でした。

ハゲていました。

おそるべき薄毛の遺伝子。

この薄毛の遺伝子を受け継いだなら、適切な対処をしないと、一方的にハゲていくことでしょう。

放置していて、「いずれ、生えるはず」などと思う人もいないでしょうが、もっと真剣に考えるべきことなのです。

すぐに育毛漢方療法で生やそうと努力したいのです。

資本主義の世の中では、大手の育毛剤メーカーなどが商品を販売しようとしている。

そのために、育毛剤の宣伝を大々的に行っています。

でも、育毛剤の方法は、あまり、お勧めできませんね。

 

昭和56年9月から平成30年4月の今日まで、いろいろな育毛剤を使いましたが、

 

「どれを使っても、大きな差はなかったよなぁ」

と、しみじみと実感します。

一方、健康食品や、育毛サプリでは効果が実感できるものがいくつかありました。

 

効果の高い育毛サプリ、健康食品と出会うことができないと、なかなか育毛には成功できません。

 

育毛剤を探し求めるだけで、髪の毛が一向に増えないケースになるのです。

漢方の育毛法で生やした方が、成功率はグーンとアップしますよ。

薄毛を治すには、「育毛栄養」を摂ることなのです。

 

髪の毛は身体の一部。

食べたもので変化する。

 

刻一刻と、あなたの食べたもので髪の毛が変化していく。

もちろん、

「今日の朝の8時に髪の毛に良いものを食べて、今日の夜の10時に髪の毛が増えている。」

などということはない。

 

しかし、ハンバーガーとフライドポテトばかり食べている場合と、

ブロッコリーやイワシの缶詰を食べている場合では、

1年後大きな変化がある。

 

これは断言できます。

間違いない。

 

こういう「差」の積み重ねが、ハゲない秘訣なのです。

 

ハゲ遺伝子を受け継いだと絶望しているかもしれませんが、大丈夫です。

私も昭和56年に20代でハゲの兆候が表れたときには絶望感を感じましたよ。

 

「ああ、やはりハゲてきた。もうだめだ。1年後、2年後に俺はどうなっているのだ・・・」

そういう絶望感も「杞憂」だったのです。

助かった。

 

あなたも努力すれば助かります。

努力しなければ「ハゲ遺伝子の命ずるままにハゲていく」のが通常の運命です。

 

努力する価値はあります。

私はつくづく思うのですよ。

「ハゲなくてよかった。助かった」

今の世の中、ハゲていると「自己重要感が損なわれる」ことが多いんです。

ハゲた若手芸人が、自分のハゲを笑いを取るために活用しています。

 

テレビを見ている人も「なるほど。ハゲは笑ってもいいのだ」と考えるのです。

 

集合写真を撮るときに、

「K君がいるから、フラッシュたくと、ハレーション起こすから気を付けて!!」

 

などと先輩がからかい、女子社員がケラケラ笑います。

そういうことでは、人間が一番大事にしている「自己重要感」が満たされません。

 

髪の毛を生やすことです。

増やすことです。

 

髪の毛が平均的あれば、ハゲをからかわれることはなくなります。

安心して、日常生活を送れます。

 

ハゲのスポーツライターは、ある時に「テレビ解説」のチャンスを得ました。

 

しかし、当時ハゲてきていたので、どうしてもテレビに出ることが決断できなかったのです。

大きなチャンスを見逃したのです。

 

ハゲた姿をテレビで全国の人にさらしたくなかったというのです。

 

もったいない。

 

でもね。

1年間集中的に努力すると、髪の毛は生えてきます。

ハゲ遺伝子があっても、大丈夫です。

 

ただし、「簡単ではない」のです。

時間とお金を投資すること。

「生えるまではあきらめずに継続する」

という熱意も必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です