薄毛対策の成果を左右するものは何なのか

髪が生える人、髪が生えない人の差は「実践力」なのです。。

差を生む要因には、薄毛遺伝子の強弱もある。

また、育毛にかけるお金の違いもある。

けれども、一番のポイントは「育毛情報の実践度」の差なのです。

育毛のために良いことは、もう、ほとんどわかってきています。

 

たとえば、

育毛において、睡眠不足が良くないことはわかっている。

髪を太くするのにはコラーゲンがよいことも知っている。

プロペシアとミノキシジルが代表的な育毛クスリだということもわかっている。

ノコギリヤシや、スピルリナが育毛に良いことも知っている。

イワシやブロッコリーが育毛によいことも知っている。

ところが、「実行していない」人が多い。

 

実践していないことが「ふつう」なのです。

実行する人もいる。

実行しない人もいる。

1年後、そして10年後、実行した人としなかった人が同じ結果となるわけがないのです。

では、どうすれば実行ができるのか?

一つは「お金を出すこと」です。

私は、高価な育毛商品については、批判的。

 

でもね。

お金を出せば、やる気は高まるのです。

高価な育毛情報マニュアルを購入すること効果が出る理由は、

「情報に高いお金を出せば、その情報に基づく行動をしないと損をする」

と考えるからなのです。

ですから、2万円もする薄毛対策ノウハウ情報を購入するのも、無駄ではないのです。

女性は、「成分が同じでも、1000円の化粧品を使うよりも、10万円の化粧品を使う方がキレイになる」ものです。

高いお金を出すことは、悪いことではないのです。

実践力が高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です