ハゲをからかう悪意から身を守る方法を事前に研究せよ

ハゲをからかわれたときに、どうする?

ハゲがつらいのは、からかわれるから。

私がたまにコーヒーを飲む喫茶店に出入りするどこかの業者の方は、実際にはまだ30代半ば。

でも、見た目には50歳くらいに見えます。

髪の毛がないからです。

男性型の脱毛症です。

だれかにハゲをからかわれていました。

「額から下の見た目年齢は20代に見えるぞ」

とか。

 

からかわれた薄毛の彼は、照れ笑いのような表情でした。

だれかのハゲを笑って、ウケを狙う人は多いのです。

ユーモアとからかいは、全然別なのにね。

ハゲはからかわれる。

これは、覚悟しないといけないのです。

現代の日本では。

 

私も20代前半でハゲてきたころはつらかった。

からかわれるから。

私の場合、顔がよかったけにキツかった。(←自慢ではなく)

 

同性の先輩などは、私が会社の女性たちからモテまくっていたので、悔しく思っていたのでしょう。

嫉妬?

私がハゲてきたのが、もう、うれしくてたまらない。

「イケメンのお前も、ここまでハゲてきたら、もう、終わったな・・・・・キャッキャッ」

うれしそうな表情でいわれます。

 

20代前半の男性は、女性にもてるのが最大の関心事。

それなのに、ああ、それなのに。

 

数か月前までは自信満々で女性に接していたのに、ハゲてくると「平常心」が維持できないのです。

女性社員たちと、社員食堂でテレビを見ていて、CMタイムにアデランスのCMが始まったりしたら、つらかった。

「はやく、アデランスのCMよ終わってくれ!!」

「誰も、おれの髪の毛に注意を向けないでくれ!!」

などと祈るような気持ち。

 

その後、髪の毛を生やすことができました。

復活。

薄毛地獄からの生還。

 

そのつらい経験から学んだこと。

「からかわれたくないなら、髪を増やせ」

という真理。

 

からかわれたくないなら、髪の毛を増やさないといけないのです。

あなたのまわりに、ハゲをからかわれないハゲの人はいますか?

表だってはいないとしても、陰で「ハゲが・・・」と言われている可能性は高い。

ハゲをからかわれたら、対処が難しい。

怒ると、人物ができていないように見える。

悲しむと、場がシラケル。

ジョークで流せれば流せられればいいのだが、それも難しい。

「私の研究の成果によって、アメリカ・インディアンにはハゲの人がいないことがわかりました。今、そのアメリカインディアンの秘密の方法を実行しているので、もうすぐフサフサになりますよ!!」

と自慢げに言うのは、どうでしょうか。

インディアン伝承シャンプー というのも、販売されていますから。

私は馬油のシャンプーを愛用しているので、インディアン伝承のシャンプーは使ったことがないけれど、少し気になる面白いシャンプーですね。

インデイアンのシャンプーで髪が生えるとは思わないけれども、都市伝説的な感じの話なのかなあ。

「アメリカインディアンにハゲはいない、なぜ?」

インデイアンとハゲの関係について「うんちく」を語れば、卑屈な感じにならずに、少し、ユーモアも感じてくれるかも?

でも、一番良いの位は、早く髪の毛を生やすこと。

髪の毛が生えさえすれば、ハゲをからかわれる心配はゼロです。

毎日、気が楽ですよ。

2ヶ月後に、細くなった髪を10%太くしたいのなら、カイセイコラーゲンが、成功確率が高いです。

細い髪の毛がみるみる太くなると、もはやハゲ・薄毛とは言われない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です