酵素で薄毛対策が効果の出る理由

酵素で血管をきれいにする

 

薄毛対策には、酵素で血管をきれいにすることからはじめましょう。

酵素の代表的な効果は、消化や代謝を高めることです。

口の中の唾液には、アミレーゼという消化酵素があり、たくさん噛むことによって、でんぷんを分解し消化しやすい状態を作ります。

胃液には、プロテアーゼという消化酵素があり、お肉や魚などのタンパク質の分解を促してくれます。

すい臓にあるすい液には、リパーゼがあり、脂肪を分解し吸収しやすくしているのです。

これらの消化酵素で食べ物をしっかり消化で細かくし、吸収しやすい状態にしておきます。

代謝が悪い血液はドロドロしているイメージですよね。

こういう血液では、髪は生えないです。

 

代謝の悪い血液は、でんぷんやタンパク質が十分に分解されないままなので血液中で漂っていて、赤血球が固まってしまうのです。

これが血液のドロドロの原因なのです。

血液がドロドロの状態のままだと、血管が詰まり脳梗塞などの原因になってしまいます。

もちろん薄毛の原因でもあるのです。

血管年齢も必要以上に老いてしまい、ボロボロになってしまったり、ケガをしたときに、白血球がうまく機能しなくて、キズが治りにくくなってしまったりしてしまう。

 

 

血管には毛細血管のような細いあり、栄養素が細かければ細かいほど、末端部分まで栄養を運ぶことができるのです。

薄毛を治すには、末端部分まで血液がめぐることなのです。

血液をサラサラにして育毛をするには、酵素でしっかり栄養素の消化を促し赤血球が働きやすい状態にしてあげましょう。

体内で作られている酵素は、量に限界があると言われています。

食物酵素を摂取することにより、体内の潜在酵素である消化酵素や代謝酵素を補助することを心がけてください。

 

酵素と野菜

 

酵素を多く含む野菜で薄毛対策

薄毛対策には酵素を習慣的に摂取すべきです。

食事の時には、酵素を含む食べ物を先に食べることが効果的ですが、酵素を含む食べ物とはどんなものがあるのでしょうか。

酵素を含む食べ物は、生肉や生魚、野菜や果物などがありま。

特に、食物繊維やビタミンも一緒に摂取できる野菜がおすすめです。

野菜の中でも、酵素をたくさん含んでいる野菜は、大根、タマネギ、レタス、キャベツ、ニンジンなどで、食卓でもよく食べられるものです。

1番食べやすいのがサラダではないでしょうか。

これらは消化酵素をたくさん含んできて、潜在酵素のサポートをしてくれます。

まず食事はサラダから食べるように癖づけるのも良いですね。

忙しい朝などにいちいちいろいろな野菜を切ってサラダになんかできないという人は、果物などと混ぜ合わせたジュースにするのも効果的でしょう。

サラダでもジュースならビタミンやミネラルもたくさん摂取することができ、低カロリーなのでとてもうれしいですよね。

また、野菜や果物を生で食べる場合は、体が冷えやすくなってしまいます。

ニンニクや生姜などの薬味と呼ばれるものや、汁物と一緒に食べるとさらに効果的ではないでしょうか。

その他、加熱処理されていないはちみつやエクストラバージンオリーブオイルなども酵素が含まれているので、好きな人は摂取してみてくださいね。

野菜嫌いで、なかなか食べられないという人はサプリメントやドリンクをおすすめします。

ちなみに、私は薄毛対策としては最高に役立っている野草酵素を毎日飲んでいます。

外食の時も先に酵素を取り入れることを忘れずにいてください。

酵素を上手に取り入れて健康な体作りをしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です