薄毛を治すヒント

食べるもの飲むもので決まる

薄毛対策を続けて約30年。

その実践の中で、確実にわかったこと。

それは、

「人体、そして髪の毛も体内に摂取した食べ物、飲み物でできている」

という単純な事実。

育毛を実践する中で、そのことが十分にわかったのです。

髪の毛も飲んだり、食べたりするものの結果と言えます。

このことがわかったら、薄毛対策も、方針は明確です。

いくら頭皮の血行が良くなっても、その血液の中に「ハゲを促進する物質」が流れ込んだなら、ハゲていくのです。

ハゲを抑制する物質、髪の毛を育てる物質が含まれた血液が潤滑してこそ、髪の毛が生えるのです。

ウコン

ドクダミ

コラーゲン

スピルリナ

レシチン

ゴマ

大豆

などの食べ物、飲み物の栄養素を血液に溶け込ませて、毛母細胞に届けるのです。

 

薄毛対策には飲み物が利用しやすい。

とくに夏が近づくころにはいいのです。

薄毛対策にはブロッコリージュースなどを利用してはどうでしょうか?

私は毎日飲んでいます。

ブロッコリーやピーマンは育毛には定評がある野菜です。

もし、現実に、いま、食べていないなら、このジュースなどは、ぜひ利用したいものですよ。

私の育毛体験では、育毛剤はあくまでも補助的なものという感じ。

ああ、育毛剤でハゲが治るなら、どれだけうれしいことでしょうか?

朝晩、頭に育毛剤をふりかけて、それで髪が生えてくるなら、私も大歓迎ですよ。

しかし、私はそんなことはないことを、イヤと言うほどわかっています。

ハゲ遺伝子を受け継いでいたなら、育毛剤は気休め。

だから、体内から生やすことですよ。

髪の毛は「薄毛体質」を抑制することで成功するのです。

体質改善には「育毛漢方」を私は実行しているのです。

 

継続することで生える

生えるために大事なこと。

それは、「生える方法を見つけ、継続すること」なのです。

その方法によって、改善がみられた場合は、もちろん継続。

問題は、なかなか成果が見られない場合。

なかなか成果が出ないときは、やはりやり方を変えたほうがよいと思うのです。

では、いつやり方を変えればいいのか?

私の経験では「6か月試してから判定する」ということです。

育毛商品は値段も高い。

育毛サプリ、健康食品、育毛剤など。

6か月続けるのはお金の面での負担もある。

しかし「生やしたい」と願うなら投資は不可欠なのです。

育毛漢方では「お金を投資する」ことが条件になります。

平成30年現在、無料で髪の毛を生やすのは難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です