髪の毛を3か月で復活させる高橋式漢方育毛 その1

髪の毛は生える

育毛最速ノウハウ「高橋式」解説

抜け毛を止め、育毛を最速で可能とする「高橋式」ノウハウ解説。

あなたも、お忙しいでしょうから、さっそく、高橋先生の著書から御言葉をいただくこととしましょう。

まず高橋先生の著書『みるみる髪が生えてくる』をご覧ください。

あなた、もしかしてこの本をお持ちでないのでしょうか?

え?「私は5冊も、持っている」ですって?

素晴らしいです。

私も3冊しか購入していませんよ。

何冊も買いたくなる、その気持ちようくわかります。

あなたも、この書籍により、ハゲの恐怖から解放され、若々しくいられる喜びを感じているのですね!!

では、まず表紙をみましょう。

タイトルの「みるみる髪が生えてくる」という、この言葉の響きを味わいましょうよ。

土から新芽が生えてくる新鮮な写真がありますね。

そしてタイトルの「髪が生えてくる」というこの言葉の輝き。

育毛の勇気を与えてくれます。

ある日、急速に抜け毛が進行し、髪の毛が細く、弱弱しくなったことに、気づいたときの衝撃をあなたも、きっと味わったはず。

「どうしよう。こんなヘアスタイルでは、人前に出られないよ!」

というあせり。

髪が少ないと、どんなにオシャレしても、「決まり」ません。

鏡の前で、いろいろと髪の毛が「薄く見えない」髪型を考えるが、うまくいかないのです。

女性の好意を得たい20代前半に、ハゲの恐怖はやってきますので、やりきれないのです。

「女性にモテなくなる」

という恐怖、屈辱感、あせり、絶望感。

私なども、顔がよく、女性にモテモテだっただけに、その苦悩は大きかったのです(←よく言うよ!!)

本のタイトルの下には、

「4ヶ月で根治する驚異の高橋式」

と書かれていますね。

地獄に仏とはこういうことをいうのでしょう。

若ハゲの恐怖のさなかで、私も、この本に出会うことができました。

昭和56年のことです。

昭和56年かぁ。

早くも四半世紀が過ぎたのですね。

昨日のことのように、思えますがね。

昭和56年のハゲに気づいたときから、今日まで、本当に自分でもよくやったと思うのです。

当時、将来を悲観した「将来の自分の頭髪予想イメージ」と比べ、非常に満足のいく、髪の毛の状態です。

そんなに、抜け毛を恐れることはなかった、という実感です。

「なんとかなるもんだな」、という感想です。

しかし、それも、この高橋式育毛ノウハウのおかげなのです。

この育毛漢方の方法で、私は救われたし、あなたも、満足のいく育毛体験、発毛体験を得たいなら、この方法を、忠実に実践することでしょう。

おや、今日は高橋先生のご本の表紙だけで、時間切れとなりました。

このペースでいくと、本の解説を終えるまでは3年くらいかかりそうですね。

あなたも、わたしも、その頃は、今よりもさらに、髪の毛をぼうぼうに生やしていることでしょう。

⇒ 2018年最強育毛プログラム

 

毛髪は内臓の鏡

漢方による育毛法である高橋由美子先生の育毛漢方による「高橋式」発毛法を解説します。

さて、続きましては、

「まえがき」をみることとします。

ここで、高橋先生は、

「毛髪は内臓の鏡である」

といっています。

ハゲの原因、薄毛の原因は内臓にありと、明確に述べています。

私の体験でも、心身とも疲れ果て、弱っているときの髪の毛は、やはり細く、元気がありませんでしたね。

内臓が弱ると、抜け毛につながるのです。

若ハゲや抜け毛は、内臓に問題があるから生じています。

決して「頭皮」「髪の毛」だけを見ていても、解決にはなりません。

育毛剤だけでは、髪の毛が生えないのは、そういう理由なのです。

毛髪のミネラル分析は、最近ではよく見聞きします。

その毛髪のミネラル分析をみて、ミネラル元素を分析することで、生活態度や、抜け毛の予想までつくのです。

脱毛は遺伝だけで起きるのではないということですね。

内臓を正常にすれば、髪の毛の生育にも、大きな効果があります。

抜け毛や、若ハゲは、内臓のなかでも、腎臓と肝臓の影響がおおきいのですから、内蔵をいたわってあげることです。

ハゲを予防し、育毛を成功させるには、休養も大切なことが、わかります。

高橋式育毛法でも、心身のリラックスをするために、毎日をストレスのないよう工夫することを説明しています。

仕事が、異常に忙しいとき、そんなときこそ、少しの時間を利用した軽い運動など実施したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です