私の薄毛対策体験談

短期決戦をしましょう

薄毛を治すには、短期でケリをつけることも重要だと思います。

いつまでも薄毛対策の成果が出ないと、ヤル気が失せるのです。

あなたには3か月で、なんらかの薄毛対策の成果を出してほしいと思います。

その具体的な発毛ノウハウをここに記載しましょう。

ちなみに、私は市販の育毛書籍はもちろん、高額な育毛情報商材もよく買っています。

また、有名な育毛剤や、育毛シャンプーも購入しています。

頭髪専門の皮膚科の先生のアドバイスをいただいたこともあります。

この意味がお分かりでしょうか?

これぞ、2019年3月現在、非常に厳選された薄毛対策といえるわけです。

ただし、プロペシアとミノキシジルの強力な育毛コンビは、今回取り上げません。

それなりの効果を私は感じていますが、今回はそれまで。

では、さっそく始めましょうか。

育毛のためにはお金もかかりますが、まずは体験し、発毛を実感することができれば、多少の出費は、満足に変わると思いますよ。

では、まず重要基本項目。

?睡眠時間を3か月間は、7時間以上、できれば8時間眠る。

タバコはできるだけ控える。

酒はできるだけ控える。(育毛効果のある酒は飲む。)

毎日軽い運動でもいいので、体を動かす。散歩でよい。

時々深呼吸をする。酸素を取り入れることを気にすること。意識する。

育毛のための食事。

毎日3食食べること

イワシ、さけ、サンマなどの魚を食べる。週に4回のイワシ缶詰は必須項目とします。
肉の多食はやめておく。

ブロッコリー、ピーマン、ニンジン、など色の濃い野菜を食べること。
野菜ジュース、野菜スープも摂取する。

キムチと納豆はセットで週に4回以上食べる。

?くろゴマをおやつ代わりに食べる。

育毛のための飲み物。

缶コーヒーやコーラなど砂糖の多いものはやめておく。

冷たくて体を冷やすものはできるだけやめる。

黒酢のドリンクは飲む。

キナコを牛乳に溶かしたものを飲む。

育毛酒をつくり飲む。原料はみつひ。紅クコ、ハスの種、ヨモギ、黒なつめ、山のイモ

育毛のためのサプリメント

スピルリナ

レシチン

ビタミンE

ノコギリヤシ

パルテノライド

アミノ酸

コラーゲン

育毛活動

育毛シャンプーとヘアパックと育毛剤の活用

頭皮マッサージの実践

足裏のツボ刺激

手のひらのツボ刺激

猪毛のブラシと漢方針の活用

肩、首、目のコリと疲れを解消する

白髪染めを使用するときは、ヘナを原料としたものを使用する。

育毛の成功哲学

必ず生えると信じる。生えた時の姿をイメージする

明るい気持ちで毎日を過ごす

ハゲを憎まない。→自分を愛する。

以上です。説明は省きました。

「なぜ、そうするのか?」は、あなたにはたぶん理解していただけると思うからです。

あとは実践です。

私には効果がありました。

24歳に出現した強烈な遺伝性のハゲ体質を、よくぞ51歳の今日まで、食い止めてきたと思います。

もちろん、

「ここまで努力しているのに、この程度か・・・・・・」

と不思議に思う日もありますが、おおむね満足しています。

 

 

髪の毛を増やすと見た目は激変

髪の毛が細いと、ボリューム感がないです。

女性のカツラの宣伝でも、カツラをつけるとボリューム感が出て、顔の雰囲気、あるいは、その人の全体の雰囲気がかわるのです。

男性も、それは同様です。

髪の毛のボリュームがでると、顔の雰囲気が数ランクアップするのです。

以前、「冬のソナタ」が大ヒットしたころ、あるハゲた男性が、ふざけて「ヨン様」の冬のソナタ風のカツラをつけたのです。

ところが・・・・・・。

そのヨン様の茶髪のカツラが似合っていて、超カッコいい。

冗談抜きで、「髪の毛があれば、オレもこうなのか・・・・・」

と、余りの変貌ぶりに、周りも、本人もビックリしたわけですよ。

もしかしたら、本気でカツラを検討したのかもしれません。

ハゲていると、あまりサエない感じでも、髪の毛があり、自分の顔にフィットした髪型ができると、大きくイメージは変わるのですね。

髪の毛を生やすには、体質を改善することです。

体質が変われば、発毛サプリメントも育毛剤も効果が大きく出るのです。

 

育毛コラーゲンの体験

薄毛を解決するには、再現性のあるノウハウがあるのです。

それが、コラーゲンを62日間摂取し、そうすると髪の毛が10%太くなるのです。

ここれ、真剣に考えてほしいのです。

コラーゲンを62日間摂取すると髪の毛が10%太くなる、という価値を。

私は、髪の毛が10%太くなることは、とても魅力的な情報だと思います。

髪が10%太くなるということは、ボリューム感はかなりアップしますよ。

その価値は大きいのです。

育毛剤で、かつて髪の毛のボリュームが10%もアップしたことが、あるでしょうか?

ないと思います。

あなたもコラーゲンを摂取し、髪を太くしましょう。

私がこのコラーゲン育毛を本格的に実行したときは、「フラコラ500」という商品で育毛を目指しました。

かなりの成果が出ました。

「フラコラ500」は、コラーゲン商品では非常に有名ですね。

その育毛成果には、おおいに満足しました。

その後、さらに育毛効果の高い商品に出会いました。

カイセイコラーゲンです。

31年3月の今、愛飲しています。

 

継続する勇気

薄毛やハゲの悩みとは永遠に別れたいものですね。

ただし、薄毛の遺伝子を受け継いだ人にとっては、一生、育毛の努力をしていく必要があるのです。

虫歯治療のように、「治せばオシマイ」というわけにはいきません。

効果の高い育毛法を実行したとしても、育毛の努力をやめたとたん、以前のようにハゲ遺伝子が活動を始めます。

なので、継続して、髪の毛のケアをし続けないといけないのですね。

プロペシアなども、髪の毛が生えてきたので、プロペシアを飲むことをやめると、また薄毛化が始まるというのです。

コラーゲンでも同様です。

コラーゲンを62日間摂取することで、髪の毛が10%太くなることが、実験でわかっています。

けれども、コラーゲンを摂取するのをやめると、また、髪の毛は細くなっていくのです。

育毛は継続して実施しないといけない、ということは、お金がかかりすぎるのはいけないというのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です