薄毛対策に思いつくこと色々40年間の思い出など

あなたの髪が生える核心部分

ネットを見ていると育毛に努力しているのに、成果がちっとも出ない人を見かけます。

核酸を摂取することで、大きな改善がみられるはずなのにね。

たぶん実行していない。  核酸をとっていない。

「なぜ、核酸を摂らないのか?」  という質問に対する回答も予想はつきます。

「面倒な気分がするから」

だと思うのです。

人間はすごく面倒なことが嫌いなのです。

だから、食品で核酸を摂るのができない人が多い。

ならば、お金を出して核酸をサプリメントで摂ることを検討したらいいのです。

薄毛対策には核酸が有効。

若返りの権威者が本で解説している。

 

 

こういう場合には、専門家の声を素直に実行するのがいいのです。

でも知識だけあっても身体には変化は起こらない。

人間の身体を変化させるには「運動」または「栄養」なのです。

とくに栄養が大事です。

本のタイトルにもあるのですが、

「あなたの身体は食べたものでできている」

と言うのは真実。

髪の毛を増やしたいのなら、それに見合ったものを食べないといけないわけです。

薄毛を治す方法はいくつか知られていますよね。

本や雑誌でも見かけるでしょう。

その方法を知った時には、ぜひ「知識で終わらせずに実行」してみましょう。

私はそれが一番良かったと思うのです。

体質は人それぞれなので、全く同様の結果が出るとは限らないのですが、  他の人に良かった事例は自分にもよかったことが多いです。

漢方の育毛法  どくだみ、ごま、レシチンの同時摂取  コラーゲン育毛  そしてこのブログで紹介している核酸育毛。

核酸育毛は成功率が高いです。

食べ物を意識しておくことで髪の毛が増えていきます。

髪の毛は体の一部です。  体は食べ物で決まるのです。

髪の毛を増やしたいのなら、核酸です。

副作用がないどころか、健康にすごく良い。

そこがプロペシアなどとは全く違う。

ちなみにですが、  私は数年間プロペシアを飲みました。

でもやめた。

あまりにも副作用の害が大きい。

こんなのは飲まないほうがよいのです。

プロペシアの体験はここに書きました。

育毛の原則を守ることで髪の毛は生えます。

いくつかの条件を満たしたうえで、核酸を摂る。

これが成果を出しやすい。

原則1・・・・身体は口に入れるものでできている

原則2・・・髪の毛は身体の一部である

この二つを意識していれば、どうしたら髪が生えるかがわかります。

口から核酸を摂る。

イワシの缶詰やブロッコリーを積極的に食べる事。

たいていの人は、圧倒的に不足気味なのが現状。

食べ過ぎようと思ってもイワシ缶詰などは、そう多くは食べられない。

補助的に核酸サプリをとれば髪の毛が早く増える。

サケが育毛に良いとテレビ番組で言っていました。

このことはずいぶん前から、ベンジャミン・フランク博士が、  核酸育毛を実践するためには、サケやイワシを食べなさいと言っていたことなのです。

核酸をどのように摂取したらいいのか迷ったら、サケやイワシとともに、サプリも検討したらいいのです。

核酸で育毛できる。  核酸で髪の毛が増える。

核酸で髪が若返る。

このような言葉を信じられますか?

そして、実践していますか?

私がテキトーに話しているのではなく、アンチエイジングの大家が話しているのです。

そう、ベンジャミン・フランク博士が言っている育毛法です。

これを実行しないなんて・・・・・。

早く飲めば、早く生えそろう。

薄毛対策は奥義ではなく明快な方法なのです。

「薄毛対策に奥義なし」

と私は思う。

育毛情報は令和2年現在、オープンになっている。

「実行すれば生え、実行しなければ生えない」のです。

ダイエットも同じ。

痩せる方法はわかっているのに、実行できない場合が多いのですよね。

ハゲの遺伝子があっても「なんとかなる」という体験を私は味わった。

強い薄毛遺伝子を体内に持ち、23歳でハゲの「スイッチ・オン」。

しかし62歳の今も「ハゲと呼ばれることはない」状態。

うれしいです。

お金と時間を費やした甲斐があった。

では、具体的にどうしたらいいのか。

40年近い育毛生活で感じたことを、今日は話したいね。

 

若返れば髪は増える。

若返ることが可能です。

アンチエイジングの権威の人が言っているので、その「受け売り」ですが・・・・。

まあ、私たちは医学を専門に学びたいわけではなく、  単純に、  髪の毛を生やしたいだけ  なのですね。

なので、核酸の含まれた食事を心がけるのです。

イワシ  さけ、  ブロッコリー  いか、  などなど。

髪の毛も身体の一部。

体が若返ると、髪の毛も若いころの状態に近付くのですよ。

ベンジャミンフランク博士の言うように、核酸を摂取すると髪の毛が甦るのですから、「核酸」についてつねに意識しておきましょう。

核酸たっぷりとれるドリンクやサプリがよいのです。

 

まず、考えるのが育毛剤だが、無駄になる。

ところが、育毛剤をとっかえ、ひっかえして使用しても、なかなか髪は増えません。

あなたも体験済みではないですか?

育毛の基本は体内からというのが、私の信じる方法です。

漢方では「髪は血の余り」と考えます。

それは長年の事例によるものなのです。

「こうすれば、こうなる」

という事例の積み重ねが漢方となったのです。

では、育毛には、どのような方法が良いのか?

答えは出ています。

一つは、核酸です。

アンチエイジングの権威、フランク博士が言っていることであり、私の勝手な意見ではないのです。

では、核酸はどうすればよいのか?

イワシ(缶詰)  さけ  ブロッコリー  貝  いか  などを食べることです。

簡単です。

食べ忘れるときのために、内容の良いサプリメントもあるので、活用するといいでしょうね。

核酸は、体を若返らせるのです。

身体の一部である髪も若返るのです。

核酸による育毛について、ほかの方のサイトを訪問しましょう。

まずは、今回、「TOTAL KNOWLIDGE」さまです。

イワシが核酸が豊富なので、育毛に良いという情報です。

では、訪問させていただきましょう。

わかりやすく、素晴らしいサイトです。

イワシが髪の毛に良いというのは、テレビでも紹介されていたのですね。   核酸が身体に良いことは当然で、身体に良いことは髪にも良いから、イワシという安価な魚に核酸が含まれていることは、ありがたいことと思いますね。

基本は食事で摂取することです。

核酸で髪が生えるのは、アントエイジングの大家ベンジャミン・フランク博士の説です。

結局、核酸が細胞を若返らせる。

細胞が若返るということは、頭皮や髪の毛も若返るということ。

子どもに「男性型脱毛症」はないです。

男性型脱毛症は「髪の毛と頭皮の老化」とも考えられます。

人体の細胞が若返ることで、結局、髪の毛も生えてくるのです。

若いころのように。  若返ることで髪の毛を生やそうというのです。

不足する核酸を補うことです。

 

核酸の習慣

髪を生やすには「核酸」が欠かせません。

核酸は食事によって摂取することと、あとはサプリメントを上手に活用することです。

核酸で若返ると、髪も若返るのです。

核酸を食事で摂取するなら、「いわし缶詰」が効率がよいです。

毎日の習慣にするには核酸ドリンクが役立つのです。

核酸で育毛を成功させる。

重要性をいくら強調しても、強調しすぎることはないと、私は思うのです。

育毛ノウハウは数多く、私も昭和56年から、いくつかの育毛ノウハウを併用しています。

が、それにしても。  育毛効果の高い「核酸育毛」が、育毛剤によるノウハウよりも、はるかに認知度が低いことには、「もったいない」としか言いようがないのです。

育毛剤では効果は限定的です。

この40年間、育毛剤も使用してきましたが、核酸を飲む育毛成果を100とすれば、育毛剤による発毛効果は、公平な目で見て20くらいか・・・・・。

べつに核酸サプリメントを買わなくても良いのです。

やる気があればね。

若返りの権威である、ベンジャミン。フランク博士が、髪の毛を増やすには核酸を十分に摂取することだ、とおっしゃっているのに、その言葉を聴かずに育毛剤で失望し続けることは、もったいないのです。

では、今日から実行しましょう。

イワシのカンヅメを週に4回  サケを週に2回  牛乳は毎日  ブロッコリーはできるだけ多く  新鮮な水を飲む  これくらいでいいから、まず実行しましょう。

どれか一つとするなら、  イワシカンヅメを週に4回食べましょう。

補助的に核酸を飲むことも非常に役立ちます。

核酸は髪と肌に良く効きます。

髪を増やすには核酸を取り入れることです。

結局は、脱毛や薄毛、ハゲという現象は老化の一部です。

中学生でハゲたり白髪の人は、ほとんどいません。

老化は若返らせるといいのです。

逆行ですね。

逆行させるのは容易なことではありません。

現状だと、髪の毛の老化は進み、髪の毛が細くなり、弱くなります。

では、どうすればいいのか。

髪の毛も身体の一部。

身体を若返らせると、髪の毛も若返る。

髪の毛の若返りとは、  髪の毛の数が多くなる  髪の毛の太さが太くなる  髪の毛のツヤが増す  髪の毛のハリがでる  髪の毛の元気がでる  など。

まずは、2ヶ月くらい核酸を取り入れることです。

ハゲの心配を消し去ってくれたのは、私の場合「食べ物」です。

育毛剤で、「これは効果があった」というのは、昭和56年から始まった私のいくも生活の中では、あまりないです。

しいていえば「ミノキシジル】成分の育毛剤か。

でも、  育毛剤よりも、明確に育毛と発毛の成果を得られたのが「核酸」なのです。

私の愛読書である、ベンジャミン・フランク博士の、

「老化は食べものが原因だった」

は、育毛においても非常に役立ったのです。

 

核酸の摂取方法

日本で一番有名なのは、核酸のサプリメント類では、フォーデイズの核酸ドリンクです。

圧倒的シェア。

妻がフォーディズの会員になったので、平成26年4月から飲んでいる。

で、私も飲ませてもらえるんだよ。

しかも私だけで毎月2本程度飲んでいる。

妻も娘も飲んでいるので、費用もかかります。

が、  効果はたしかにある。

妻がフォーディズのネットワークビジネスを始めるときに、私もネットで評判なども調査した。

「賛否両論」  ですね。

ただし、飲んでみればわかること。

核酸が身体に素晴らしい影響を与えることがわかりました。

髪と肌には確実に効いていますよ。

べつに、私はあなたにこの核酸ドリンクを買ってほしいわけではない。

ただ、核酸の効果は素晴らしいということを知ってほしいのです。

核酸の即効性はなかなかのもので感動します。

髪の毛にも良い影響があります。  育毛サプリとしても活用するとよいでしょう。

まずは、  核酸で育毛するためには、イワシ缶詰を週に4回食べましょう。

それだけではないが、基本はイワシ缶詰。

ベンジャミン・フランク博士の本も読んでおくとよいです。

 

前にも話したように、妻がネットワークビジネスを春から始めた。

フォーデイズというネットワークビジネスですが、大きな組織なので、あなたの身近にも調べると何人か、ビジネスをしている人がいるはず。

フォーデイズの核酸は効果が出やすいね。

髪の毛は非常にコンディションがいいです。

私が言うまでもなく、アンチエイジングの権威者であるベンジャミン・フランク博士が、  髪の毛を生やすには核酸を取ればいい。

そう発言しています。

このアドバイスを無視する人がいたら、もったいない話です。

 

育毛の体感

 

これは私だけではなく、誰にでも起こる話だと感じる。

なぜなら核酸で細胞が若返るから。

たぶん、あなたは10代の頃髪の毛が今よりも多かったはず。

「10代の頃は今よりも、はるかに髪の毛があった」

というケーズがほとんどでしょう。

核酸で若返ることは、そういう状態に近づくことなのです。

若返りに役立つことは、着実に実行する。

反対に、老化を早めることはやめる。

老化することは髪の毛が少なくなる「方向」に進むこと。

具体的には、  タバコをやめる  深酒をやめる  お菓子類の食べすぎをやめる  激しい運動をやめる  太陽光線に当たりすぎるのをやめる  肉類ばかり食べることをやめる  などなど。

でも、実行していないなら成果なし。

行動がすべて。

核酸が多くの人の髪の毛を増やしている事実を私は知っています。

身体そのものが若返るので、身体の一部である髪も若返る。

髪の若返りとは、すなはち、「育毛」ということ。

イワシ缶詰を週4回食べる。

食べられない場合には、核酸サプリを活用する。

核酸が髪の毛を増やすためにすごい効果があることを私は知っている。

誰にでも効果が出ると思う。    こればかりは個人個人で差があるんだね。

核酸が育毛に良いのに、飲まない人がいるのか?

アンチエイジングの権威者が「髪の毛を増加させたいなら核酸を摂りなさい」と言っている。

にもかかわらず、核酸を摂取しない人もいるんですね。

もったいない話です。

お金がないのか?

まさか、アンチエイジングの権威者であるフランク博士の言葉を信じられないのかねぇ。

松下幸之助さんが、「仕事で成功するのは素直な人」だといっています。

言いかえると、  育毛に成功するのも「素直な人」なのです。

フランク博士の言うように、核酸を摂って髪の毛を増やしましょう。

イワシの缶詰もいいし、サプリメントも補助的に活用すればいいのです。

 

 

育毛剤ではなく核酸を活用せよ

育毛剤で髪の毛を生やそうとしても、なかなか成果が出ないのです。

私の育毛の先生ともいえる高橋由美子先生も著書の中で、  育毛剤を推薦することはなかったのですね。

高橋先生の方法は、

「口から取り入れる栄養により、健全な血液を作り、それを身体中に巡らせる」

ということなのです。

このことを理解した時に私の髪の毛は改善に向かったのです。

これは、いくら強調しても、強調しすぎることはない。

大事なことなのです。

そして、もう一人の私の育毛の先生となるのは、ベンジャミン・フランク博士。

フランク先生の主張は、

「ハゲや薄毛は髪の毛の老化です。細胞を若返らせるには核酸を摂ることイワシの缶詰を食べなさい」

ということなのです。

でもね、

こういうことを情報として知っても、実行し続けられないから、薄毛の人も8割は薄毛が改善しないんだね。

 

 

女性の薄毛対策に核酸

女性の薄毛は、髪の毛が全体に薄くなる「びまん性脱毛症」が多いです。

このタイプの抜け毛原因として、  男性ホルモンの影響による脱毛  出産後のホルモン変化(この場合は一時的な薄毛)  単純な老化現象  甲状腺の病気など  ストレスによる抜け毛  ダイエット等による栄養不足  などが考えられます。

女性の場合は育毛シャンプーと育毛剤を選ぶことに成功すれば、髪の毛が復活、生えてくるのは男性に比べはるかに容易です。

男性の場合は強烈なハゲ遺伝子との長い戦いをつつける必要があるからです。

薄毛の男性ならば、育毛食品としてぜひ摂取したいのがイワシなのです。

薄毛対策に女性も食べれば、育毛剤だけの場合よりも数倍早く、髪の毛が豊かに生えてくることでしょう。

抜け毛予防と発毛のための食品いわしについてみてみましょう。

アメリカのアンチエイジングの見地から、抜け毛対策および発毛の食品を考えていきます。

男性の抜け毛の場合、発毛のためには、イワシの缶詰を食べて核酸を摂取せよ、というのが第一のポイントでした。

当然女性の薄毛にも効果が大きいのです。

若返りの特効食ですのでね。

知っていた方は、確実に、実行されているでしょうか?

イワシの缶詰が髪の毛を生やすのによいことを知っている人のうち、100人中10人は、継続してイワシを食べていることと思います。

残りの方は、実践せず、成果も現れていないことでしょう。

習慣になるまでは、けっこう難しいのです。

ダイエットや育毛、そして英会話などなど、良いとわかっていても、実行するのは容易でないことは、ありますよね。

でも、気づいた時から、再びスタートすればよいのです。

女性の薄毛対策では、とくに、そう言えます。

実行すれば女性の髪の毛は生え、実行しなければ生えないのです。

では、発毛食品のイワシに続き、その他の食品もみてみましょう。

女性の若返りに必要な食品。

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。

まだ、ありますが、今日はこの辺で打ち切ります。

適当な項目数でないと、かえって、実行が難しくなるりますのでね。

この方法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説です。

先生の著書「老化は食べ物が原因だった」ですが、西洋的な考えでまとめられた良書です。

一方の、東洋的な漢方育毛法でも、食事は非常に重要視しています。

食事によって体質改善ができれば、体の症状は変化させられるからです。

魚が重要という点では漢方療法も西洋の若返り法も、共通するのですね。

もちろん野菜も重要です。

ベンジャミン先生も、若返りの野菜も紹介しています。

私は、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」を、頭髪関連書籍では最高のものだと思っていますが、このベンジャミン博士の本も、私自身が、実践して成果のでたものとして、貴女もよければ実践をしてみてはと思いますね。

育毛成果の再現性のあるノウハウなのです。

 

 

 

実行できない気持ち

核酸育毛を 知っていても実行できないと効果はない。

「お金を払いたくない気持ち」

が実行を妨げる。

どうしたら、実行できるのか?

一つは、

「楽しい未来をお金で手に入れるのだ」

と考える事。

核酸を買うのではないのですよ。

そうではなくて、

「髪の毛が生えて楽しい未来を買う」

という考え方。

これが、重要ではないでしょうか?

そう考えないと、健康食品などには何万円もお金を払えない、という気持ちになります。

 

核酸を飲むか飲まないのかで、 1年後のあなたの髪の毛の状態が大きく違うことは確かなのです。

育毛は簡単ではないです。

なぜなら「身体改造」の一種なのですから。

今日頑張れば、明日はフサフサなどということはないのです。

ローマは一日にしてならず。

育毛も同様です。

ただし、一日一日積み重ねていると、  「生えたよ!!」  という日が訪れます。

私は体験しました。  気が付いたら発毛していた。

「助かったのだ・・・・・」

という安堵の気持ち。

 

せっかくモテ人生を送る時期にハゲはじめてあせったが、セーフ!!

努力は無駄にならなかった。

薄毛から回復するためには普通の生活をしていてもムダ。

「髪の毛のために良いことを何かする」 こと。

普通の生活をしていると、ハゲ体質の人はハゲる。

それが「正しい成長の一環」なのですから。

そういう体質なのですから。

そこを何とかしたい・・・・・。

そこで、核酸なのです。

エイジング研究の大家が「ハゲたくないなら核酸を摂りなさい」と言っているのに、摂らない人がいます。

アンチエイジン研究の権威者が「髪の毛を維持するために核酸を取り入れよう」と言っていても無視する人もいます。

なぜ?  面倒だから?

1年間摂取してみましょう。

髪の毛の状態が変わるはず。

私がホラ話を言っているのではない。

アンチエイジングの権威者が「髪の毛を増やすために核酸を摂れ」と言っているんです。

私は素直に実行しました。

ハゲだけは嫌だったので、素直でした。

「はい。毎日、核酸を摂ります!!。

だから髪の毛が生えるはず!!」

という確信があったからですよ。

ベンジャミン・フランク博士の言葉だからですよ。

私の具体的行動

1.イワシの缶詰 週に4回食べる

2.サケを週に3回食べる

3.毎日、牛乳を飲む

4.ブロッコリーを食べる

5.核酸のサプリを毎日摂取する

 

「これで髪の毛が増えないはずがない」  そう思って実行していたら、いつの間にか髪の毛は増えていた。

あなたも実行してみては?

身体にもいいのですから。

実行してみて損はないですよね。

毎日の生活の中で、食べ物では、  サケ  ブロッコリー  いわし  などを摂取することです。

意識していると可能です。

これらの食べ物を毎日の生活に組み込むことです。

サプリメントも併用したらいいのは当然。

髪の毛は体の一部なので、食べ物で変化するのです。

 

薄毛対策は簡単な方法を実行するべし

いつも薄毛を治すシンプルな具体的行動

あなたは「今すぐにでも髪の毛を増やしたい」と願っているのではないでしょうか?

そうですね。

「髪の毛のしくみ」「毛髪サイクル」など、もうご存知でしょう。

どうしたら生えるのか?

その一点にあなたの関心はあるはずです。

私はあなたのことはよく知りませんが、

「ハゲたくない」という気持ちは同じです。

幸いなことに、私は昭和56年からの育毛法実践により、ハゲなくてすみました。

この対策を講じていなければ、令和2年8月現在の私の髪の毛は、「そのまんま東」さん。

あるいは「松山千春」さん。

「モト冬樹」さん。

彼らの頭髪状態に近いものであろうと想像できます。

ところが、具体的な育毛法を実践した結果、同年代では、ほぼ平均的な髪の毛の量を維持できているのです。

では、あなたにも、末永くハゲないですむように、さっそく具体的な行動をあなたに引き継ぎをしておこうと思います。

髪の毛が増える具体的行動

1.睡眠時間最低でも7時間以上眠る

2.野菜を大量に食べる。ジュースやスープも活用する

3.心の安らぎを維持する  (以上の育毛3原則は必ず守りましょう。)

4.品質の良い育毛コラーゲンを多めに飲む

5.スピルリナを多めに食べる。プーアール茶で飲みましょう。

6.核酸を摂取する(イワシの缶詰、ブロッコリー)

7.ドクダミ、ごま、レシチンの3つを併用して摂取する

8.プラセンタを飲む

9.野草酵素を飲む

10.総合育毛サプリを習慣とする

11.イノシシ毛ブラシを活用する

12.ビタミンEをとる

他にもいろいろとあるのですが、メインとしては上記です。

成果が出ます。

 

薄毛対策で思いつくこと

育毛シャンプーを活用しましょう。

洗髪は週に3回。

あるいは毎日でも実行する習慣です。

その習慣に育毛シャンプーの効果を追加させるべきです。

まったく新しい育毛生活は、始めにくい。

しかし、すでに洗髪は習慣になっているので、実行するのが容易なのです。

シャンプーを変えれば、それだけでよいのですから。

育毛シャンプーを、ネットで1時間程度探して見ましょうよ。

発毛に良いシャンプーに、きっと、出会えます。

 

i

20代の薄毛の進行は早いよ

薄毛は徐々に進行する人もいるでしょうが、私の体験上では「雪崩の如くおきるもの」だという感触ですよ。

サーッと額がハゲ上がって行きました。

恐ろしかったよ。

当時の日記には

「走る、ハゲの恐怖」

と書いています。

そのときのことを思い出すと、懐かしさとともに、

「こんな大変な気持ちは、もうこりごり」

という気がしますね。

当時のハゲたときの状況と、若ハゲをくいとめたことの体験を、ありのまま、レポートに書いていますので、20代の薄毛に悩む人には、ぜひ参考にしてほしいと思います。

ハゲ体質の人は、 薄毛は20代に起こりますが、30代半ばくらいまでは男性ホルモンの関係か、薄毛遺伝子の力は強力ですが、40代からは、ハゲ遺伝子のパワーは衰えるように感じます。

20代は、ハゲ遺伝子のパワーも強かったですね。

それなりの対応をすれば、大丈夫だけどね。

20代こそ、お金と時間を育毛に投資すべきです。

ここでケチると髪の毛を失う結果を招く。

では、どうしたらいいのか?

一つのアイデアとしては、「試す」ことです。

失敗を恐れずに試すことです。

自分に合った育毛法に出会えれば、遺伝的なハゲも治せます。

「でも、まったくわからないのです」

という人がいたら、育毛サプリを多めに飲んでみることです。

 

 

ハゲは治せる

あなたは、髪の毛が生えてくる自信があるのでしょうか。

それとも、「ハゲ、薄毛は治らない」と思っていますか。

ここは重要なポイントです。

薄毛、ハゲを治せると信じていなければ、実行ができず、髪の毛は生えないのです。

ですから、  ハゲ、薄毛からの生還に疑問がわいたら、次の質問を自分にしてみることですね。

1、野菜を十分に食べているか

2.ぐっすり7時間以上眠っているか

3.適度な運動をしているか

これは基本です。

育毛ノウハウに基づき、「行動」をすることで、

1あなたの髪の毛の量は、違ってくることがわかるはずです。

この基本を守ったうえで、サプリを摂取するとぐんぐん髪が増えるわけです。

たとえばコラーゲン。

 

コラーゲンで髪の毛のコンディションが、どんどん良くなり髪が増えましたよ。

成果がすぐに目に見えるからうれしいな。

髪の毛が太くなって、ボリュームがアップするので、ヘアスタイルが決まるのです。

コラーゲンが髪の毛や肌に良いことは、美容界ではもう、常識。

現在では、  「コラーゲンを飲んでも、胃の中で分解されるので、なんの美容効果も期待できない」  という人は少数派となりましたね。

さて、では、どのコラーゲンがよいかというと、私自身は、髪の毛における「ふと髪効果」を期待し、いろいろと試しています。

定期的に「試している」のです。

消費者としては、一番良いコラーゲンを買うべきなのですから。

で、今日は。ロート製薬のコラーゲンを飲みました。

飲みやすかったです。

コラーゲンの量も12000mg入っており、美容効果はあるはずです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です